2014/2/19-26 カンボジア下見レポート

カンボジアのサイクリングの魅力は、ズバリこれだ〜!

1.日本から近い
2.日本の冬がベストシーズン
3.平坦な地形がうれしい
4.やさしくて人懐こい村人が、幸せな気持ちにしてくれる(実はこれがイチバン!)
5.シェムリアップ(町の名前)をベースに、周辺をサイクリングできるので、ホテルの移動がない
6.食べ物が美味しい&ビールが安い!
7.アンコールワットなどの遺跡が素晴らしい(これが最後でいいのか…?)


6NWT_3025 - コピー.JPG8NWT_3073.JPG3DSC05732.JPG9DSC06474.JPG



1DSC05504.JPG1DSC06054.JPG
アンコールワットのあるシェムリアップという町。
旅行者が多いこともあり、街中にはレンタサイクルや自転車ツアーもいろいろあります。

3DSC05509.JPG3DSC05550.JPG
街中はクルマやモーターサイクル、自転車も多いですが、危険というほどではない。
自転車で10分も走れば、のどかな風景になります。
そこでガイドのパナーくんは、いきなり森の中へ。
おぉぉ、これだよこれ!

3DSC05604.JPG3DSC05599.JPG
8DSC06466.JPG
森の中の小道を行くと、民家が現れ、どーもどーも、という展開に!
これこれ!

3DSC05661.JPG3DSC05659.JPG3DSC05634.JPG8DSC06463.JPG
敷地にはバナナやマンゴーなどのフルーツがいっぱい。豊かだ〜。
そしてヤシの木の樹液を煮つめて、砂糖を作っていました。
うわぁ、おいしい〜!

8DSC06087.JPG8DSC06455.JPG
走っていると、あっちこっちから「ハロー」と声がかかります。(人の姿は見えずとも)
なんだかこちらの気持ちがとっても温かくなります!

aDSC06041.JPG3DSC05614.JPG
早めの田植風景も見られました。雨季(5〜10月)は青々として、それも美しいとか。

8DSC05995.JPG8DSC06011.JPG
今は農閑期とあって、あちこちで村祭りに出会いました。
仏教以前の神様をお祭りしています。

9DSC06372.JPG9DSC06367.JPG
気温が上がったら、井戸水をかぶったり、
民家兼商店のクーラーボックスの冷えたドリンクを飲んで、木陰でのんびりしたり。

4DSC06325.JPG
湖のそばにあるフローティングビレッジにも自転車と船で行きました。
雨季で水かさが増すと、足場(基礎?)が水没して、水上生活になるのだとか。

あ、遺跡もしっかり行きました!
6NWT_3036 - コピー.JPG
6DSC05864.JPG6NWT_3050.JPG
アンコールワットを始めとする遺跡は大賑わい。
自転車で行く農村とは大違いですが、遺跡の規模は驚くばかり。
世界各国からの旅行者の他、お隣タイのお坊さんも来ていました。

6DSC06427.JPG6DSC05857.JPG
何百年も森の中でひっそりとして崩壊した遺跡。それを修復する作業も盛んでした。

6NWT_2985.JPG6NWT_3019.JPG
祈る姿は美しいです。

6NWT_2991.JPG6NWT_3125.JPG
6DSC05810.JPG
歩いては遠いけれど、クルマは入れない。
そんな遺跡を、ガイドはうまく結んでくれました。さすが!

4DSC06170.JPG5DSC05921.JPG
さとうきびジュースやココナッツ、マンゴーのシェークなど、美味しい飲み物もいっぱいです。

5DSC05933.JPG5DSC05934.JPG
5DSC06516.JPG5DSC06411.JPG
カンボジア料理は味付けがやさしくて、日本人の舌にはとても合うのではと思います。
果物も豊富でした。

5DSC06520.JPG
5DSC06409.JPG
怪しいものも見かけました&生ビールは1杯がなんと50円ほど。キケンです&幸せです!

5DSC06406.JPG8DSC06344.JPG
近代史で大変な歴史を歩んできたカンボジアですが、とっても魅力的な地域です。
今は旅行者も多く、快適に過ごせる環境も整っているといえます。

aDSC06424.JPG4DSC06306.JPG
今回の目的は現地ガイドに、サイクリングのガイディングを教えるということもありました。
努力して日本語を話している若いガイドくんたちだから、きっとよいサイクリングガイドになってくれると期待しています。


2015年、日本の冬にカンボジアでのツアーを開催できればと考え中です。
カンボジア、ありがとう&またね〜!

posted by nct04 at 2014年02月25日14:01 | 海外サイクリング
オーダーメイドツアー
Powered by さくらのブログ