2014/1/31-2/1 伊豆大島一周&ヒルクライム Supported by Specialized


<今、伊豆大島でサイクリングの意味とは?>

伊豆大島は201310月の大雨で大きな被害を受けました。
一時期は自粛ムードもありましたが、123月に開催される椿まつりも、例年どおりの開催が決まり、復興に向けた機運が島内で高まっています。
私たちサイクリストが、伊豆大島に行くこと、楽しくサイクリングをすることが、島民にとっても明るい材料になれば、そんな願いを込めたツアーです。

0114IMG_6626.JPG写真 2.JPG
0114DSC04730.JPG



●伊豆大島一周 48q
0114DSC04669.JPG
写真 1.JPG0114DSC04529.JPG写真 2.JPGimage.jpeg写真 4.JPG写真 5.JPG0114DSC04550.JPG0114DSC04559.JPG
0114DSC04592.JPG
写真 2.JPG写真 3.JPG0114DSC04721.JPG写真 5.JPG


●三原山ヒルクライム
0114DSC04748.JPG
写真 1.JPG写真 2.JPG
0114DSC04782.JPG


●被災地をサイクリングすることについて
写真 1.JPG写真 2.JPG写真 3.JPG写真 4.JPG写真 5.JPG0114IMG_6643.JPG
まだ、過去ではなかった、ということを強く感じました。
同時に、ここをサイクリングしていていいのか? と自問しました。
でも、テレビや新聞の報道を見て、心を痛めるよりも、その現場に行き、それを誰かに伝えること。
そして伊豆大島に行って、観光することが少しでも復興に結びつくなら、それがよいのでは、と思うわけです。
椿まつりを開催し、復興のはずみにしようとしていましたが、会場は人もまばら。
往復の船内も、これまでと違って、かなり人が少なかったように感じました。

伊豆大島に行って、気持ちよくサイクリングをして、ゆっくり泊まって、そして美味しいものを食べましょう!


0114DSC04763.JPG写真 3.JPG写真 4.JPG写真 5.JPG
0114DSC04817.JPG
posted by nct04 at 2014年02月03日07:12 | 泊まりがけサイクリング
オーダーメイドツアー
タグクラウド
Powered by さくらのブログ