2012/10/6-8 東北支援企画 その1  ぐるっと岩手ツアー

●10月6日


1021IMG_0743.JPG1021IMG_0742.JPG
朝、盛岡駅に集合。盛岡は東京から新幹線で2時間強。近いんですね。ニワ=前泊して盛岡冷麺を満喫!


1021DSC00482.JPG1021DSC00488.JPG
盛岡市内を流れる北上川沿いの、サイクリングロードへ。道端のリンゴが笑っています。


1021DSC00503.JPG1021DSC00506.JPG
古い宿場町では、土地のワインをGET。


1021DSC00494.JPG1021DSC00496.JPG
お昼は郷土料理の「ひっつみ汁」。野菜カレーも美味しかった。


1021DSC00499.JPG1021DSC00510.JPG
案山子くんに見送られて遠野郷へ。


1021IMG_0745.JPG
翌日に遠野をめぐりをすることにして、この日は宿でゆっくり。



●10月7日
1022DSC00516.JPG1022IMG_0748.JPG
宿のおばちゃんに見送られて遠野めぐりへ。


1022DSC00520.JPG1022DSC00523.JPG
カッパ淵や、座敷わらし伝説のあるところを訪ねます。


1022IMG_0758.JPG1022IMG_0760.JPG
峠を越えて、海へ向かいます。川の水がとってもきれいなのです。


1022DSC00535.JPG1022IMG_0768.JPG
海が近づくと…。
陸前高田の町(の跡というべきか)に言葉を失いました。


1022DSC00544.JPG1022IMG_0772.JPG
辛うじて残る鉄筋の建物。そしていわれると辛うじて分かる駅のホーム。
テレビで見て、知っているつもりでも、それを実際に見るのとは違います。
私自身も、ここをサイクリングすることに迷いはありました。
でも現実を見ることは大切なのではと思っています。
 
1022IMG_0761.JPG1022IMG_0772.JPG
コンビニ、銀行、ホームセンターなども仮設の営業です。その中の、仮設のレストランへ。
食事をしたのは、実家が八百屋さん(だった)という食堂。野菜を使ったメニューが本当に美味しく、丁寧に調理されていました。
心から応援したいです。


1022DSC00529.JPG1022DSC00556.JPG
そしてひと山越えて気仙沼へ。内陸から500m以上離れたところに、船が流されたままになっていました。


1022IMG_0781.JPG1022IMG_0777.JPG
気仙沼に泊まり、夜は復興屋台村(仮設)へ。「お金、使いましょう」が合言葉。


1022IMG_0782.JPG1022IMG_0784.JPG
屋台村は地元の人もたくさん来ていて、本当にたくさんのことを話すことができました。
津波の時、その後の話に息が詰まりました。
「こうして来てくれるだけでいい」
「楽しんでいってくれ」
といって下さったのが心に残っています。

ということでその後、土地の人たちに
「フィリピンパブに行くぞ〜!」と言われ、そこで熱唱するスタッフ・ノリさん。


●10月8日


1023DSC00582.JPG1023DSC00587.JPG
気仙沼の宿も、とても大きな被害を受けています。
でも「派手な服装でサイクリングをしている姿が、復興を感じさせてくれる」と見送ってくれました。


1023DSC00605.JPG1023DSC00616.JPG
内陸に入り、国道をさけてのどかな里を結びます。


1023IMG_0791.JPG1023DSC00602.JPG
道端で休憩し、おばあちゃんと話し込み、そんな時間がなんともいいのです。


1023IMG_0796.JPG1023IMG_0800.JPG
そして北上川沿いに戻って、緩やかな流れを見ながら走ります。


1023IMG_0803.JPG1023IMG_0805.JPG
そして去年、世界遺産に登録された平泉でゴール、解散しました。

posted by nct04 at 2012年12月31日15:34 | 泊まりがけサイクリング
オーダーメイドツアー
タグクラウド
Powered by さくらのブログ