2012/7/13-17 オホーツクから湖を結んで摩周湖へ

■7/13

300_0713_2000IMG_0438.JPG300_0713_2000IMG_0437.JPG
オホーツクの宿に集合。
テーブルを埋め尽くすカニカニカニエビエビエビ…。
この迫力に、一同、目がイッてます?!
恐るべし、北海道!


■7/14

300_0714_2000DSC09613.JPG300_0714_2000DSC09615.JPG
まずはワイルドフラワーが短い夏に一気に開花する道を走ります。
恐るべし、北海道!

300_0714_2000IMG_0444.JPG300_0714_2000DSC09626.JPG
廃線跡のサイクリングロードが、ず〜〜〜っと続く。
恐るべし、北海道!

300_0714_2000DSC09635.JPG300_0714_2000DSC09629.JPG
蒸気機関車が残された昔の駅&そこにあるフォルクローレなレストランでランチ。
ニワも一曲、やってしまいました。

300_0714_2000IMG_0456.JPG300_0714_2000DSC09663.JPG
オホーツクに向かって延びる道。こんな道を走りたかった!

300_0714_2000DSC09660.JPG300_0714_2000DSC09668.JPG
オヤツ休憩をしたあとに、もう一走りして、オホーツクと知床の大パノラマな宿でくつろぎました。


■7/15

300_0715_2000DSC09678.JPG300_0715_2000DSC09670.JPG
青空に見送られて宿を出発。知床半島にはかつて越えた峠も見える!

300_0715_2000DSC09682.JPG300_0715_2000DSC09699.JPG
そして網走へ。蝋人形がリアルでした。

300_0715_2000NWT_0073.JPG300_0715_2000NWT_0281.JPG
そして女満別の丘ライド。

300_0715_2000NWT_0201.JPG300_0715_2000NWT_0118.JPG
食糧生産という意味でも、恐るべし、北海道!

300_0715_2000NWT_0235.JPG300_0715_2000IMG_0468.JPG
テンションはずっと上がりっぱなしでした。

■7/16

300_0716_2000DSC09728.JPG300_0716_2000DSC09730.JPG
知床連山へと続く尾根(峠)にチャレンジ。
怪しげな、いやいやご当地ならではのお菓子がエネルギーです。

300_0716_2000DSC09735.JPG300_0716_2000DSC09736 - コピー.JPG
やったー、登ったぞ〜!

300_0716_2000DSC09744.JPG300_0716_2000DSC09737.JPG
300_0716_2000DSC09742.JPG300_0716_2000DSC09743.JPG
下ったら、古い駅舎の中にある素敵なレストランへ。

300_0716_2000DSC09747.JPG300_0716_2000DSC09746.JPG
そして天気もよさそうだということで、摩周湖にアタック!

300_0716_2000DSC09751.JPG300_0716_2000DSC09753.JPG
やったぞ、摩周湖だ〜!

300_0716_2000DSC09760.JPG300_0716_2000DSC09758.JPG
そして弟子屈でゴ〜〜〜〜〜ル。
ニワがいつもお世話になっている「ホテル摩周」でこの旅を締めくくりました。
&夜更けまでギターで歌って、楽しみました。


■7/17

300_0716_2000DSC09765.JPG300_0716_2000DSC09766.JPG
同じ時を過ごした仲間との別れは本当に寂しい。
また一緒に走ろうね〜!

300_0715_2000NWT_0245.JPG
ご参加の皆さま、そして北海道の大地と大空に感謝感謝です。
by コイチロ&ニワ

posted by nct04 at 2012年07月31日22:23 | 泊まりがけサイクリング
オーダーメイドツアー
タグクラウド
Powered by さくらのブログ