2012/3/17-20 浜名湖 渥美半島 伊勢志摩 そして松坂牛サイクリング

map4 - コピー.jpg


■3/17(土) 浜松-渥美半島
1_IMG_2684.JPG1_DSC09571.JPG
天候はあいにくの雨…。
走り出したら楽しいぞ〜 とゴアテックスのレインウエアをまとって走り出した人がほとんど。
サポートカーに乗る、という大人の選択をした人もいました。

1_DSC09581.JPG1_DSC09607.JPG
天竜川が運んだ砂でできた砂丘へ。そしてサポートカーがつかず離れずしながら、雨の中を、笑いを絶やさずに進みます。

1_DSC09603.JPG1_DSC09588.JPG
浜名湖に出た〜! ということでランチはうな丼。

1_DSC09623.JPG1_DSC09616.JPG
渥美半島沿いは、太平洋の荒波が大迫力でした。

1_IMG_2692.JPG1_DSC09656.JPG
そして漁港そばの宿へ。夜は三線(沖縄の三味線)で盛り上がったり…!


■3/18(日)

2_NWT_1110.JPG2_NWT_1129.JPG
波の音が響き渡るサイクリングロード、そして菜の花いっぱいの生活道を結んで走ります。

2_NWT_1175.JPG2_DSC09682.JPG
細長い渥美半島の先端、伊良湖岬はもうすぐ。そして岬からフェリーに乗って、愛知県から三重県へ。

2_DSC09704.JPG2_NWT_1190.JPG
志摩半島は、渥美半島沿いと違って静かな入り江が続きます。ひっそりと続くサイクリングロードも極上でした。

2_DSC09690.JPG2_DSC09701.JPG
見晴らしの良い展望台でランチ(ということは登るワケです!)
右は「とばーがー」(鳥羽のハンバーガー) その定義はこちら。

2_DSC09731.JPG2_IMG_2712.JPG
そして細長い半島の道を走り、海辺の宿へ。

2_IMG_2715.JPG2_IMG_2720.JPG
これくらいカメラが並べば、命を頂いた鯛、伊勢海老も、サザエも、ソイも報われることでしょう。


■3/19(月)

3_DSC09752.JPG3_DSC09766.JPG
漁村の路地裏や漁港を散策。それにしても晴れるとやっぱりうれしいなぁ!

3_DSC09769.JPG3_IMG_2732.JPG
ジイチャンの作った干物を買って、船に乗り込みます。

3_DSC09774.JPG3_DSC09775.JPG
対岸でサポートカーから自転車を受け取り、明るい海沿いの道を走ります。
静かな入り江では、海苔や真珠貝、牡蠣の養殖が盛んでした。

3_IMG_2740.JPG3_IMG_2747.JPG
そして伊勢神宮を目指して峠越え。伊勢神宮の神域とあって、峠道にはオーラが漂っていました。

3_IMG_2746.JPG3_IMG_2753.JPG
峠を越えてお伊勢さんへ。江戸時代の弥次さん喜多さんの旅が、脳裏をかすめたり…。

3_DSC09789.JPG3_DSC09796.JPG
伊勢うどんとばってらで原後知らせしてお伊勢参りをしました。その後、門前街でスィーツを楽しんだり!

*3日間でお戻りのかたは、ここで終了です。


■3/20(火)

4_IMG_2757.JPG4_DSC09830.JPG
伊勢の二見が浦の近くに宿をとり、朝、夫婦岩に登る太陽を拝みました。

4_DSC09846.JPG4_DSC09873.JPG
地域に根差す神社にも、樹齢2000円という楠が! オーラを感じます。こうしたところに行けるのは、自転車ならでは。
そして伊勢神宮の外宮にも参拝。あちこちにパワースポットがあります。

4_IMG_2761.JPG
そしてオヤツは伊勢うどん(また???) 店によって味が違うのです。

4_DSC09880.JPG4_DSC09891.JPG
伊勢街道を通って松阪を目指します。この界隈は〆縄は一年中飾ってあるとのことです。

4_DSC09885.JPG4_DSC09929.JPG
城下町松坂には、武家屋敷が残っていて味わい深い街並みです。
三井高利(越後屋)、本居宣長、近年では小津安二郎(映画監督)が出身だったり。
その足跡を訪ねながら走ります。
4_DSC09904.JPG4_IMG_2768.JPG
でもやっぱり松阪といえば松坂牛。
ということで旅の締めくくりはこれでした! 満腹〜!
posted by nct04 at 2012年03月22日11:43 | 泊まりがけサイクリング
オーダーメイドツアー
Powered by さくらのブログ