2011/1/31-2012/1/9 ネパール ルンビニツアー

0_nepal.jpg
毎年、サイクリングで訪れているネパールです。冬に行くのは寒いのでは? と思われがちです。
でも緯度でいうと、日本の奄美大島あたりに相当。つまり南の国なのです。

北部はヒマラヤ山脈で、標高の高いところは氷雪に覆われていますが(エベレストのテッペンまであるわけです)、低いところは標高100m程度の平原。そこはもう亜熱帯なのです。

今回、走ったところも、低標高の平原(タライと呼んでいます)です。

画像はウィキペディアより。基礎知識もこちらからどうぞ。

0_DSC06350.JPG
ツアーに先立ち、ネパールとモンゴルのマウンテンバイクの担当ガイドに、研修をしました。

■その1  チトワン国立公園
1_DSC06448.JPG
カトマンズに夜に到着。
翌朝からネパール南部のタライ平原にクルマで移動します。
途中でランチで食べているのはネパールの定番・ダルバート。カレー味の豆スープをゴハンにかけたもの。

1_NWT_6569.JPG1_NWT_6495.JPG
そしてのどかな村を走ります。
遠くにヒマラヤも見えています(写真では分からない?)

1_NWT_6450.JPG1_NWT_6313 - コピー.JPG
象や村のおねえさん(携帯で通話中)とのすれ違います。

1_DSC06729.JPG1_DSC06771.JPG
南国のリゾートホテルをベースに、周辺を走ります。

1_NWT_6699 - コピー - コピー.JPG1_DSC06963.JPG
ナマステ〜 とあいさつを交わしながら、時には村人と自転車を交換したり…!

1_NWT_6676.JPG1_DSC07080.JPG
村人を囲んだり、子供たちに囲まれたり。
観光地を結ぶのではなく、普通のくらしをちょっとだけお邪魔する、それが自転車の旅なんだなぁ。

1_NWT_6636.JPG1_NWT_6612 - コピー.JPG
時には野生動物の暮らしにも、ちょっとお邪魔。
左:ワニ 右:サイの足跡

1_NWT_6584.JPG1_NWT_6610 - コピー.JPG
深い森を走っていくと、鹿の群れに出会ったり。
お釈迦様の時代と変わらない風景が(多分)、続きます。

1_DSC06645.JPG1_DSC06883 - コピー.JPG
自転車から離れて、カヌー(丸木舟)や象に乗ったりもしました。


■その2 ルンビニ

2_DSC07271 - コピー.JPG2_DSC07257.JPG
お釈迦様が生まれたのはインド、というイメージが強いのですが、実はネパール。
インド国境まで10q弱ですが。
チトワン国立公園から、クルマ移動も交えつつ、ルンビニを目指します。

2_DSC07416.JPG2_DSC07418.JPG
ルンビニは、南北10q、東西3qほどの長方形型の特別エリアがあり、その中に、仏教を重んする20以上の国のお寺が建てられています。
リキシャ(人力車)で巡るのが一般的ですが、各寺院が離れているため、1日に2〜3寺がせいぜい。
でもマイ自転車があれば、いろいろなお寺に、効率よく行けるのです。

2_DSC07373.JPG2_DSC07407.JPG
左はミャンマーのお寺。
右は・・・、なんとドイツのお寺。チベットのお寺みたい。
ヨーロッパにも仏教徒は急増中で、仏教というとチベットからのものをイメージするのだとか。

2_NWT_6745.JPG
お釈迦様が生まれたところのそばには菩提樹の木があり、経文が刷られた布がはためき、瞑想する人が多くいました。

2_DSC07368.JPG2_NWT_6760 - コピー.JPG
生まれてすぐに7歩歩いて、「天上天下唯我独尊」といわれたところです。


■その3 ポカラ〜ヒマラヤの懐へ

3_DSC07515.JPG
ヒマラヤの麓の街・ポカラまでクルマで移動し、その後、その周辺を走ります。
おぉぉ、ヒマラヤがデカイ〜!

3_DSC07538.JPG3_DSC07546.JPG
いつも立ち寄る村の民家にお邪魔して、再開を喜びながら、お茶や、お庭で採れたみかんを頂きました。

3_DSC07527.JPG3_DSC07536.JPG
チベットから国を追われた人たちが集まり住む「難民キャンプ」。
お寺にお参りしたり、彼らの生業のひとつ、じゅうたんを買ったり。

_DSC07552.JPG
ジープでヒルクライムの予定でしたが、チャレンジすることに。
子供たちが後ろを押してくれたり!

3_DSC07555.JPG3_DSC07656.JPG
そして、風の旅行社の「つきのいえ」に到着。

3_DSC07633.JPG3_DSC07573.JPG
露天の五右衛門風呂&ビ〜〜〜〜ル!

_DSC07584.JPG_DSC07655.JPG
夜は村の女性たちと、歌って踊って…。
翌朝、つきのいえのワンコが、ずっとヒマラヤを眺めていました。

3_DSC07681.JPG3_DSC07761 - コピー.JPG
そしてヒマラヤの大パノラマの元、大笑いしながらポカラまで走りました。

■その4 カトマンズ

_DSC07976.JPG4_DSC07894.JPG4_DSC07921.JPG4_DSC07984.JPG
そしてカトマンズに戻って1日のフリータイム。
市場を見たり、ニワのチベタン父母を訪問したり、ヒンドゥー教のお寺を見学して過ごしました。


■その5 番外編 ネパールでは自転車が大活躍
 _DSC07926 - コピー.JPG_DSC07821 - コピー.JPG_DSC07930.JPG_DSC07940.JPG
posted by nct04 at 2012年01月22日09:47 | 海外サイクリング
オーダーメイドツアー
タグクラウド
Powered by さくらのブログ