2011/8/6-13 自転車でモンゴル -砂漠から草原キャラバン-

自転車でモンゴル -砂漠から草原キャラバン-
2011/8/6-8/13

「モンゴルは草の海」
現地ガイドがそういったけれど、本当にそんな感じだと思う。
どこまでも続く空間の広さって、日本では海を当てはめると分かりやすいのでは?
草原、つまり草が生えている丘が、海のように続いているのがモンゴルなのです。
そして、その草は、実はハーブだ、というのがモンゴルなのです。

niwa_DSC02382.JPGniwa_DSC02387.JPG
成田からモンゴルの首都・ウランバートルまでは、4.5時間。
国内線乗換もない。
早い!  =ラクだ〜!
そして自転車も、そのまま(完成車のまま)預けられるのです。  =ラクだ〜!


■1日目 
niwa_DSC02997.JPGniwa_DSC02401.JPG
ウランバートルの街はロシアみたい。
(行ったことなんですが…)
草原の旅に備えて、、ロシア製のスナックなどを買い出しします。


■2日目

niwa_DSC02483.JPGniwa_DSC02456.JPG
まずは半日ほどクルマ移動。
市街地から30分もバスで走ると、そこは大草原。
思わず草原に寝転んで、ハーブの香りを体いっぱいに吸い込みます。

峠などには「オボー」といわれる祈りの布がかけられています。
チベットと同じですね。
それもそのはず、モンゴルはチベット仏教が信じられているのです。

niwa_DSC02554.JPGniwa_NWT_0005.JPG
そして大草原の中にツーリストキャンプに到着。
ゲル村というべき?
ゆっくり休憩したら、走り出します。

niwa_NWT_9989.JPGniwa_NWT_9953.JPG
大草原の広さに、思わずyeah~!
ゴビ(モンゴル語で砂漠)で遊んでみたり。

niwa_DSC02550.JPGniwa_DSC02572.JPG
夕暮れのゲルがとっても美しかった。
そして夜は、ウォッカ「チンギス」で盛り上がりました。

niwa_DSC02539.JPGniwa_DSC02557.JPG
ちなみにツーリストキャンプには、シャワーゲル、トイレなどもしっかり完備。


■3〜5日目

niwa_NWT_0005.JPG
3日目から自転車キャラバン開始。
テント泊しながら、進んでいきます。

niwa_NWT_0077.JPGniwa_NWT_0105.JPG
草の海に泳ぎだします。
空が青〜〜〜〜い!

niwa_NWT_0140.JPGniwa_NWT_9975.JPG
草原には花もいっぱいでした。

niwa_NWT_0436.JPGniwa_NWT_0154.JPG
道がないところを走っていけるのも、草原の素晴らしいところ。
お花畑に寝転んで、ゴロゴロ転がってみたり。
モンゴルは自由だ〜!

niwa_DSC02613.JPGniwa_DSC02601.JPG
ランチはコックが先回りして作ってくれます。
食後は、日差しが強いので、タープの下でお昼寝。
これがいいんだなぁ。

niwa_NWT_0585.JPGniwa_NWT_0538.JPG
大空に続く道。

niwa_NWT_0312.JPGniwa_NWT_0137.JPG
家畜の群が横切ったり、その死骸の横を通ったり。
これもまた草原という自然界。

niwa_NWT_0506.JPGniwa_NWT_0711.JPG
モンゴルではゲルを見つけたら訪問するのがルール。

niwa_NWT_0716.JPGniwa_NWT_0729.JPG
ゲルの中では馬乳酒を頂いたり、子供と遊んだり。

niwa_NWT_0599.JPGniwa_NWT_0603.JPG
そしてまた、日が傾くまで走ります。
なんだか子供のころの夏休みみたい。

niwa_NWT_0251.JPGniwa_NWT_0173.JPG
遠くにテントが見えてきました。
スタッフが先回りして、テント設営や食事の準備をしてくれています。

niwa_NWT_0177.JPGniwa_NWT_0245.JPG
キャンプ地に到着したら、井戸で水浴び。これが「気持ちいいんだなぁ。
スタッフのゾルくんは、ビールを冷やしに沢に向かいます。感謝!

niwa_NWT_0256.JPGniwa_NWT_0618.JPG
カンパ〜〜〜イ!
晩ゴハンはモンゴルの餃子・ショーホール。
粉から練って作ってくれました。ウマイ!

niwa_NWT_0640.JPG
そして満点の星を眺めながら、草原に抱かれて眠りました。

niwa_NWT_0267.JPGniwa_NWT_0299.JPG
テントが張ってあるけれど、全員が外で眠りました。
だって、星がスゴイんだもん!

■5日目 午後 〜 6日目

niwa_NWT_0743.JPGniwa_NWT_0748.JPG
こうして到着したのが、風の旅行社直営のツーリストキャンプ「ほしのいえ」。
スタッフから歓迎の儀式を受けます。
(ニワ的には、ただいま〜、でした!)
これで自転車はおしまい。

niwa_DSC02635.JPGniwa_DSC02900.JPG
ほしのいえ周辺で、乗馬を楽しみました。
みなさん、うまくなりましたね〜!

niwa_NWT_0784.JPGniwa_DSC02909.JPG
ヤギを絞め、それを頂きました。
残酷と思われるかも知れませんが、命を頂くことをモンゴルではしっかりと直視しながら、
人が生かして頂いているのです。

頂いたホルホグという料理は、牛乳を入れるアルミ缶に、肉、野菜、ハーブ、岩塩と一緒に
熱した石を入れて蒸し焼きにします。
骨付き肉にかぶりつくわけですが、その美味さといっらたもう…!
羊やヤギは苦手という人もいましたが、その臭みのなさに、目からウロコが落ちていました。

niwa_NWT_0865.JPGniwa_NWT_0815.JPG
草原最後の夜は、スタッフによるミニコンサート。
民族舞踊だったり、馬頭琴の演奏だったり。
これが本格的で素晴らしい。

niwa_NWT_0872.JPG
にわギターで日本の歌をお返しさせて頂きました。
お恥ずかしながら…。


■7日目 〜 8日目

niwa_DSC02929.JPGniwa_DSC02937.JPG
草原、去りがたし…。

niwa_DSC02438.JPGniwa_DSC02962.JPGniwa_DSC02985.JPGniwa_DSC03018.JPG
そして大都会・ウランバートル。
草原に後ろ髪をひかれつつ、都会の暮らしを味わいつつ、帰国便に搭乗したのでした。

モンゴルの草原よ、永遠なれ!


-----番外編---------------------
皆さんが乗馬をしている間、現地スタッフと来年の下見をしてきました。
大草原の魅力もいっぱいありつつ、きれいな川があって、泳いだりできそうなコースです。
niwa_DSC02756.JPGniwa_DSC02751.JPGniwa_DSC02749.JPGniwa_DSC02769.JPG
posted by nct04 at 2011年08月27日00:25 | 海外サイクリング
オーダーメイドツアー
タグクラウド
Powered by さくらのブログ