2012/6/23 風の旅行社 自転車で佐原 潮来

千葉県の佐原は、小江戸のひとつに数えられ(他には栃木、川越)、運河沿いに古い街並みが続くところ。
その郊外には、利根川の河口あたりに位置する田園地帯広がります。(まるでメコンデルタ!)
そんなところを走りながら、水の町・潮来を結んで走りました。

_DSC09129.JPG_DSC09133.JPG
佐原を高台から見渡し、そして蔵屋敷が続く運河沿いを走りました。

_DSC09141.JPG_DSC09143.JPG
利根川沿いに出ると、広々とした風景が広がり、突如、大鳥居が現れます。たどっていくと…、

_DSC09149.JPG
香取神宮へ。
祭神は利根川をさかのぼってきた、といわれているのです。

_DSC09261.JPG_DSC09164.JPG
そして空が大きく広がる水郷地帯。豊かだ〜! さらに川を渡って茨城県に入り、潮来へ。
ザッパ船という観光船(かつては生活用)に手を振りながら走ります。

_DSC09173.JPG_DSC09186.JPG
源頼朝が建立したお寺、あやめのお花畑を巡りながら、1日を楽しく走りました。
posted by nct04 at 2012年06月30日09:04 | 街なかサイクリング

2012/5/26-6/3 ブータン

■5/26

0526_DSC08661.JPG0526_DSC08692.JPG
まずはタイのバンコクへ。
ホテルのレストランではなく、あえて地下鉄に乗って、街中に繰り出しました。

0526_DSC08683.JPG0526_DSC08696.JPG
アロイマ〜(美味しい!) 帰りの地下鉄では、隣り合わせた女の子にプレゼントをもたっらり。
微笑みの国・タイ、スバラシイ!


■5/27

0527_DSC08699.JPG0527_NWT_0025.JPG
そしてブータンのパロへ。広い谷が開けています。まずは3日間、この谷のあちこちを、自転車で走ります。

0527_DSC08703.JPG0527_NWT_0067.JPG
空港からホテルへ行く途中、野菜市場をのぞきます。唐辛子が山になっています。
そしてランチ。ブータンでは唐辛子がスパイスではなく野菜として食べる、は本当でした。
でも、食べたいものを自分の皿に取るスタイルなので安心です。
ちなみにその辛さは、ハンパじゃないです!

0527_NWT_0098.JPG0527_NWT_0134.JPG
そしていよいよブータンへとペダルを踏みだします。
セムガエ〜! (うれし〜!)

0527_NWT_0149.JPG0527_NWT_0194.JPG
郊外の小さなお寺を目指します。
お寺の中では、普通の若者たちが幸せそうに読経していました。

0527_NWT_0143.JPG0527_NWT_0227.JPG
アーチェリーは国技。あちこちで楽しんでいます。そして小さな吊り橋を渡って、走っていきます。

0527_NWT_0274.JPG
ホテルに戻ったら、コレです!


■5/28

0528_DSC08764.JPG0528_NWT_0303.JPG
ブータンは田んぼの風景がとても美しい。

0528_NWT_0393.JPG0528_NWT_0437.JPG
下見の時に知り合った元歌手のオバアチャンを訪ねます。子供たちとも意気投合。

0528_NWT_0353.JPG0528_NWT_0491.JPG
あちこちの水辺では、人が遊んでいます?!

0528_NWT_0496.JPG0528_DSC08714.JPG
お経が入っているマニ車。これを回すと、そのお経を読んだことになります。
そして学校帰りの子供たちとも、すぐに仲良し!

0528_DSC08776.JPG0528_DSC08793.JPG
この日から2泊は、民家にホームステイ。
ブータンの農家はとてもデカイ。ゆっくりくつろぎました。


■5/29

0529_DSC08809.JPG0529_NWT_0533.JPG
チベットへと続く道にある要塞跡。
ここをさかのぼると、ラサまではわずか200qほどなのです。

0529_NWT_0555.JPG0529_NWT_0588.JPG
クズザンポラ〜(こんにちわ〜)と言いながら、農村を結ぶ道を走り、田んぼ仕事を飛び入りで手伝います。

0529_NWT_0623.JPG0529_DSC08842.JPG
ゾンとは政治と宗教の中心的な建物。ガイドから仏像や壁画の説明を聞きます。

0529_NWT_0667.JPG0529_NWT_0704.JPG
大学の前では学生さんたちとあいさつを交わしながら行きます。
右の写真は男性だけで行ったシングルトラック。ここまではよかったのですが、この後、道が崩れていて自転車を担ぐことに…。

0529_DSC08780.JPG0529_DSC08877.JPG
ブータンには風呂があります。焼いた石を風呂桶に入れます。
お湯に浸かって、体を温める習慣がる国って、意外と珍しいのでは?
ゴクラクゴクラク!

0529_DSC08863.JPG0529_NWT_0949.JPG
ホームステイ先のテラスでまったり。男性チームが自転車を担いていたのは、ここからよく見えていたとか…。
そして夜は民族衣装に着替えて撮影会。


■5/30

0530_DSC08898.JPG0530_DSC08899.JPG
ホームステイ先のお父さんにお別れを言い、マイクロバスで峠を越えて、さらに東にあるプナカヘ。0530_NWT_1017.JPG0530_DSC08905.JPG
田んぼの中の道を通って、小さなお寺を目指します。

0530_NWT_1065.JPG0530_NWT_1086.JPG
楽しい道がいっぱい。そして子供たちが追いかけてきます。
そんなにくっついちゃ、危ないよ〜!

0530_DSC08913.JPG0530_DSC08915.JPG
これまでよりも標高が1000mほど低いので、結構暑い。道端での水浴びが気持ちいいのです。
そしてホテルまで走ってタシデレ〜! (カンパ〜イ)


■5/31

0531_NWT_1157.JPG0531_DSC08917.JPG
ヒマラヤから流れてくる川沿いを行きます。
メカトラブルはパンク1回。メカニックスタッフが修理してくれます。

0531_NWT_1169.JPG0531_NWT_1173.JPG
ランチはサンドイッチ。民家にお邪魔して、くつろぎます。

0531_NWT_1284.JPG0531_DSC08941.JPG
この吊り橋、かな〜り長いです。まるで空を飛んでいるみたい。
そして道端では、子供たちがビー玉で遊んでいました。かな〜りうまい!

0531_NWT_1378.JPG0531_DSC08951.JPG
現国王が去年、結婚式を挙げたプナカゾン。
そこから1時間ほど走って(登って)ホテルでゴー〜〜〜〜ル。
今回のサイクリングはここで終了です。(さみし〜)


■6/1〜3

0601_DSC08957.JPG0601_DSC08975.JPG
パロへと戻る途中の峠からは、この時期にしては珍しくヒマラヤ山脈が顔を出しました!
そして首都・ティンプーを見学後、空港のあるパロへ。

0601_DSC09012.JPG0601_DSC09024.JPG
空港でブータンのバイクジャージーをGET。
バンコクでマンゴー&スティッキーライスを味わい、成田へと向かいました。
posted by nct04 at 2012年06月15日08:57 | 海外サイクリング
オーダーメイドツアー
タグクラウド
Powered by さくらのブログ